2009年06月29日

徒然に

雨の季節

昨日は二週間ぶりにTTFへ
朝から曇り空なので ゲーム日和?
甘かった・・・
気温は上がらないけど風がない分
蒸し暑い
えらい汗をかきました・・・・

今回の反省
反省するような動きもできず
ちょっと不完全燃焼でした
攻めるという動きにつながらず
どちらかといえば守り
声も出さず
目立つこともなかったです

久々ですしこんなもんかなと
自分の中でゲームの役割を決めすぎてたかもしれません
もっと自由にすべきだったかな?
まぁこんなゲームもありますよ

  

Posted by yzr at 22:09Comments(0)今回の反省

2009年06月08日

徒然に




こんちわ
かなりな放置っぷりでした
ゲームしてないわけでもないのですが・・・・

昨日もTTF ほとんど毎週茨城にいる感じです

3対4でのゲームでしたが面白いですね
何ででしょうか?
あんなに面白いのは?

今回の反省と感想と・・

いつもの調子というのは怖いもので
初回3ゲームくらいは、撃たれてばかりでした
援護は偉大です

動きを予測するというのは経験があると思います
予測するときに必要な判断材料は経験則が一番多いと思います

他のフィールドスポーツであれば声やアクションでその時々(一瞬一瞬)の状況や
それにあわせた戦術を
味方に伝えることが(100%ではないと思いますが)できますが
この遊びは「位置がばれないように」を基本としているために
情報が伝わらないことが多いです

そこで選択肢を選ぶ時の判断材料として経験則が出ると思います
見える範囲も少なく 情報もない場合は特にです

しかし 逆に考えてみれば
声を出すことで味方に正確な情報を与え
位置をあえてばらすことで その他の味方の情報を与えない戦術もあると思うのです
特にアンブッシュやヌケを見つけて侵攻するのが得意であれば
その人を生かすためにそのような戦術も有効ではないでしょうか

人間は動くものに敏感です
ゲーム中でも相手を発見するときは大体動きのあるときが多いです
経験上
すると無意味なようですが
位置ばれしつつ動き回る相手がいると意外と気になるものです
注目があればあるほど声を出して警戒します
予測が付かないからかもしれません
その状況を読み取り(ここで大切なのは受け取り側が相手の動きや味方の動きで
自分への集中が途切れていることに気が付くことです)
最良の選択肢を選択する

そんな陽動作戦も考え練習してみたいっす  

Posted by yzr at 22:48Comments(5)今回の反省