2013年01月14日

徒然に

朝起きると雨だったのですが
気づくと雪・・・しかも止まない
ゲームが昨日でよかった・・・渋滞はひどかったけど・・・

今回の反省
もうねぇ
文章にすることが難しいのです
のっけからある意味で放棄していますが
しょうがないのです

人数も少なめでしたので
フィールドを区切ってかなり狭い範囲でゲーム
当方は渋滞のため昼から参戦でしたが

4対4ぐらいのゲームで最初のポジショニングは
そこそこ意識してるのでうまくいきますが
そこから優位性に持っていくアクションが難しいわけです
通常は回り込みや高所ポジをうまく使って
優位性を高めますが
フィールドを区切り縦長になっているため
回り込みもできませんし
幅も少ないので倒すことでしか前に進めない状態になるわけです

正面切って相手チームの人数を減らすわけですから
リスクは当然増えます
しかしそのリスクをどこまで少なく押さえなおかつ優位性を高めるか
という相反する正解を見つけなければいけないです

この場合相手の情報(位置よりも細かい情報 顔の向きや体勢)
から一番いいタイミングを図るわけですが
これが難しいわけです
正面での撃ち合いの場合経験上
バリケードから出した一部分を狙うワケですが
意外と当たらないものです
もちろん相手も隠れているわけですからスキを見せるわけがないのです
こうなると無駄な時間が増えるわけです
相手がある程度しょうがないと思わせる
戦術が必要になるわけです

細かい事はアレですが
そこに援護や陽動という連携が噛み合えば
相当いい感じになるような気がします

そうは思っても
なかなかできることではないので
やはりこれも机上の空論でしかないのかもしれません
  

Posted by yzr at 18:43Comments(0)今回の反省

2013年01月06日

徒然に

書いた記事が消えてしまって
もう一度書くにはテンション的に
難しいです

今回の反省
今日は久々のTTFです
それでもゲームは中一日・・・
投手なら肩壊してます・・・

午前中は
ホントにトレーニング
内容は文章にしにくいです・・・
当方が感じた感想としては
個人技というものがあるとすれば
そのベースになるキッカケを意識する感じでしょうか

ゲームの中で行動する場合(撃つにせよ 動くにせよ)
できるだけ相手に認識されたくないわけです
(過去に書いた「兵は鬼道なり」という感じです)
そのために正確な情報を得るわけですが
(過去に書いた「情報戦」という感じです)
それをどう活かすかはタイミングだと思うわけです

そしてタイミングというのはその瞬間は有利であるけど
前でも後でも不利になってしまう瞬間だと思うわけです
こればかりは羅列することもできませんし
ゲームの中で個人個人が把握するしかないと思っています
そうして個人のタイミングというのが出来てくると思うわけです
(体力的な問題等の個人のフィジカルも関係しますし)

今回はある状況でのタイミングを
練習しましたが使える状況はかなり多いのではないかと感じています
詳しく書けないので微妙な書き方ですが
まぁ知っておいて損はないと思います

午後からは普通にゲームでしたが
当方はかなりの回数タイミングを外してました
味方が上手く陽動する動きもありましたし
噛み合った連携もあったのですが
外しているタイミングが多いのが当方的に
微妙な感じでした

半日練習したくらいではダメですね
これからも意識しないと・・・  

Posted by yzr at 22:48Comments(0)今回の反省

2013年01月05日

徒然に

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします
当ブログも2007年10月からですから
今年順調に行けば6年突入となります
適当と妄想の産物ですがご容赦を・・・

今回の反省
お呼ばれゲームで初めてのヴィレッジ2へ
お誘いいただいたトライフォースの皆様また参加されていた皆様ありがとうございました
当方も久々のインドアでしたがフィールドの感じは
IC100シリーズのような局地戦的な印象でしょうか
外から中へや中から外へという印象でした

今回の反省ですが
ゲーム自体も2週間ぶりということで
ちょっと自信なかったですが
まずまず動けたかなと
インドアとアウトドアの違いとして
当方の経験上「射線の確保」という問題があると思います
アウトドアの場合自分が見れる範囲(索敵範囲)が大きくとれますが
インドアの場合壁や障害物に阻まれ意外と小さくなる場面が多いと思います
特に左右の動きの制限が多く銃口を追いかけれない気がします
そのへんをもっと活かす動きができたかなと

フィールドの特性でしょうが
二階部分からの撃ち下ろしができる感じでしたが
入口を抑えきれない場面もありなんとも・・・
精進が必要です

援護での射撃は必要ですが
移動の援護であれば
移動させたあと援護した側も動かなければ意味がないです
状況にもよりますし
当方的にポジションの確定というのは好きではないですが
要になるポジションはあくまでも相手の動きを封じるポジションです
それに付随して
遊撃的なポジションの中でも援護は必要です
特に遊撃であれば
小さなまとまりで動きつつ目的に近づく必要があります
崩したルートに多くの人数をかける必要もあります
ここの連動はいつもここで言っている
バランスの崩れたタイミングであり
イニシアチブが取れているタイミングである認識が
チームで取れていると
よかったかもしれません

それにしてもインドアは難しいです
今もあの時あーすればとかこーすればとか
なんとも反省ばかりです
  

Posted by yzr at 22:28Comments(0)今回の反省