2013年04月18日

徒然に

あぁ ゲームしたい
ゲームしたい・・・・

そんなこんなでまだまだ骨折中・・・
今週は3ON3ですし
出たかったというのが本音・・・

まぁしょうがないので
過去2回エントリーした経験からの机上の空論です

3人という形からポジションを三角形にするのはよくある形です
ただ相手に対し正三角形ではなく逆三角形にすることで
1対1ないし2対1の状態にしておくのがセオリーかと・・・

味方の大きな動きは相手に対するプレッシャーになりえます
瞬時の判断になりますが味方が動いて劣勢になってる瞬間は自分が優勢である認識を持ちつつ
即座に対応しないと味方がHITされてしまう危機感をもつのが大事かと

情報は伝わらないと意味がありません
自チームが劣勢であっても相手がその情報をチームで認識させなければいいわけです
具体的には音を出すこと頭を上げさせないことで孤立する可能性はあります

あくまでも短期決戦ですので
攻勢であることが重要です
抜かれるとか人数差で劣勢にならない限り前に進むことを考えたほうが
結果的にいい気がします
サッカーのバックパスと一緒で守勢に回った瞬間がチャンスでありピンチです

たとえ人数差で劣勢でも
状況にもよりますが下がるポジションは相手から一番遠い人がいい気がします
味方の一番後ろですね
味方間の距離は広がり連携はしにくいかもしれませんが
相手に対して時間を稼ぐことはできると思います
動き方次第でしょうけど・・・

結局
人数差なわけですが相手もなかなか飛び出してくるわけではないです
フィールドも今当方にはわかりませんが隠密で進める状況でないのであれば
相手に対するプレッシャーを使い動くことが必要です
位置がバレていようと近くへ進んでくれば相手は対応せざるおえないところに
チャンスはある気がします
攻める気持ちをなくして守勢に回ると意外と持たないものです

対したことではないですが
細かい部分での意思統一が結果に反映されやすいのが
3ON3だと思います
条件設定で動きを決めることは難しいですが(多種多様ですし)
ある程度たとえば3対2の場合 攻勢なら 劣勢なら くらいはあるべきと思います
当方の考え方ですが
攻勢なら速攻で
劣勢なら時間を稼ぐ
と漠然と考えています

そうは言っても骨折中ですので見学にも行けないわけで
恨めしぃだけです
  

Posted by yzr at 21:51Comments(0)どうでもいい話

2013年04月08日

徒然に

久々です
えーまぁ安静にするしかないので

何が起こったのかと言いますと
ジャングル側からの進行にたいしてジャングル側に味方が一人だったわけで
対応するべきかまよった末にエンドラインから
回り込んで対応する選択をしたわけですが
下り斜面の際に蔦がありまして
相手の進行を確認しつつ移動したところ
蔦に引っ掛かって落ちたわけです
時間も終了間際でしたが
勢いのある進行は止めるべきと思ったんですよ

左側からの落ちたため
左手に負傷が集中しているわけです
人生初の骨折&全麻酔&手術
この歳でいくとは
トホホなわけです

現在抜糸もすみ
固定したプレートも問題ないとのことで
ギブス固定になりました

リハビリ大変そう&時間がかかりそうですが
身体じたいは元気ですので

3on3出たかったな
悔いは残りますけど後悔はない感じです
少しここも更新ペースが落ちますが
そのうちまとめの更新でもしようかと考えております
まぁゲームのできない人間の戯言に
信憑性はありませんが  

Posted by yzr at 21:03Comments(0)今回の反省