2015年06月29日

徒然に

強い者が勝つのではない。勝った者が強いのだ。
Byフランツ・ベッケンバウワー(サッカードイツ代表監督)


えーと普通にTTFへ
いろいろありますけど
まずは当方自身のレベルを上げないと・・・・

結果的には虎の穴でしたが
ちょっとだけやりたかったことができてよかったです

何でしょうか
楽しちゃいけないわけです

当方の中で慢心があったかもしれません
そんなわけで少しずつですが
これからに備えて
自身もレベルアップしなければということです

それでもやはりうまくいかないこともありましたが
少しは前進ということで・・・
  

Posted by yzr at 21:22Comments(0)今回の反省

2015年06月22日

徒然に

「勝ち負けにこだわるのはくだらない」というのは、勝てない人間が吐く言葉だ。」 By流 音弥(作家)


そんなわけで絶賛スランプ中です
トンネルの光は見えませんが、それでもと踏ん張るしかないわけです

今回の反省

久々にいい人数が集まり
メインフィールドでのB-fight
弾に当たる以外の要因で割れることはなかったということは
確実な判定を自分以外が確認できるということです

ゲームというのはスタートしなければわからないことばかりです
サッカーだってバスケだって同じでしょう
スタートの合図から制限時間までに
どれだけのチャンスとピンチがあるかは
プレーヤーにはわからないことのほうが多いわけです
それでも勝敗が決まってくるのは
そのチャンス捕えへ確実にものにした側や
ピンチを察知し未然に防いだ側などの少しの違いが勝敗を決めるわけです

そういう意味では昨日のゲームは、結果よりも
内容の濃いゲームだったと思います
自己の判断に対する反省を話し合うことができる仲間は本当にかけがえのないものだと思うわけです

当方の反省としては
人数の少ない時もダメで多い場合もダメという
何とも・・・・・

言い訳がましく言えば
当方一人では何もできませんということでしょうか
昔かけられた言葉ですけど 進歩がないということです

結局ここでも書いてますが
相手の隙に乗じることがすべてなわけで
隙が生じなければ途端に役立たずなわけです
この隙というのは
今現在のTTFメンバーでは
単純な作業ではありえないわけですから
隙を作り出すためにどれだけの作業量をできるかということになるわけです

ですがそんなに動かせてくれるわけもなく
こちらの不利を認識すれば
そこをついてきますので 後手後手に回り難しいわけです

精進するしかないわけですが・・・・


すこし話しましたが
色々今後も続きます
得たいと思って得られるわけでもないことですし
まぁ弊害があるわけでもないですし
あったとしても変わらないものは
変わらないわけですから
流れに身お任せながらこだわりはこだわりぬくほうが
ストレスがないと思うわけです
(ゲームでストレス発散はしたことないですが・・・・)


「中途半端にやると他人のマネになる。

とことんやると他人がマネできないものになる。」 by発言者不明






  

Posted by yzr at 10:52Comments(0)今回の反省

2015年06月16日

徒然に

いちばんやさしいサバゲー入門・・・

まぁアマゾンでもういけますね
飛鳥新社ぽいです
どーも7月1日みたいです

スランプ中ですので
穴が開くほど読みたいと思います
  

Posted by yzr at 22:35Comments(0)どうでもいい話