2017年06月26日

徒然に

B-fightでした

今回は ゼロ距離や 回り込みを排除した形でゲーム
センターラインを引いてそこから相手陣地に入れないルール
センターラインはジグザグしてるので 距離を詰めれる部分は毎回一緒なわけです

面白かったです
ちょっと話したんですけど
少しまとめて

多数の相手に対した場合
優先順位というものがあると思います
基本的には 距離の近い相手から
だと思うんですが

もう一つ 倒す相手に集中すること
相手の脅威度を比べて
いちばん脅威度が高い相手から対応しないと
厳しい部分があります

持っている鉄砲は1方向しか撃てないわけですから
集中できる方向は1方向です
その状態で脅威度が低い相手と撃ち合いをすると
それは脅威度の高い相手にチャンスを与えているのと同じです

この脅威度は実力ではなく 単純に距離だと思います
弾の到達時間も含めて 遠距離の脅威度は低いです
小さな移動でも相手に対してブラインドポジションを取ると
相手は外すための何倍も移動する必要があります

この距離というのは時間を稼ぐことと同じですから
近い相手から倒せば 次の相手の準備の時間も得られるわけです

もし多数を相手するのであれば相手から一定の距離がある状態
(ある意味では プレート理論で言う 双方に手を出せる位置)でなければ
リスクが多くなります

相手がバリ裏で当てられないとしても
距離の近いほうから相手するべきだと思います

近い遠いと書きましたが 個人個人で判断する距離は違うと思います
そのあたりは 経験するしかないかもしれません  

Posted by yzr at 21:50Comments(0)今回の反省

2017年06月20日

徒然に

色々やってるんですけど

ブログにまとめられない・・・・


久々に仲間とインドアに行きました
終始 後手後手で 上手くいかず
結局後手に回った瞬間に 素早く正確に撃つ というポイントが
重要になると 途端にもろいです
この辺は相変わらずです

TTFでゲームに混ぜていただきました
全面使用のゲームでしたので
倒すために移動する距離がハンパ無くて
足腰ボロボロです
相手の視線でタイミングを外すのは
久々でしたがうまくいったかなと
細かい部分で 注意すべき部分を忘れてて 
新鮮でした
余興でやったB-fightを面白がっていただいてて
それは良かったなと

通常のB-fight 2対2でしたけど
相手がうまかったです
それにしても 電動ショットガンには勝てません

総じて 素早く正確に ということなんですけど
難しいですね 練習次第だとは思うのですけど
そこじゃない部分での動きが多いので苦手です
結局精進なんですけどね
  

Posted by yzr at 14:45Comments(0)今回の反省